一覧に戻る
  • 保存刀剣
  • 昭和時代

たち めい みやいりあきひら

大刀 銘 宮入昭平

大刀 銘 宮入昭平

人間国宝宮入昭平」が伊勢神宮の式年遷宮御神宝奉納(しきねんせんぐうごしんぽうほうのう)において制作した作品です。
宮入昭平は本名を「宮入堅一」(みやいりけんいち)と言い、1913年(大正2年)3月17日、長野県埴科(はにしな)郡坂城町に生まれました。
1937年(昭和12年)、東京市赤坂区氷川町の日本刀鍛錬伝習所(「栗原彦三郎昭秀」[くりはらひこさぶろうあきひで]所長)に入門し、新作日本刀展覧会、陸軍軍刀展で多くの賞を受賞。
1963年(昭和38年)、50歳のときに重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。
大刀(たち)は宮入昭平が神宮式年遷宮において御神宝の大刀を制作し、奉納した際の控打ち(不測の事態に備えて打たれた予備)の作品です。
また人間国宝、宮入昭平が遷宮という刀匠最高の名誉ある仕事に向けて作刀した傑出の力作となっています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
宮入昭平(行平)
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(信濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
78.8
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「大刀 銘 宮入昭平」の関係についてご紹介します。

大刀 銘 宮入昭平の動画

大刀 銘 宮入昭平

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「大刀 銘 宮入昭平」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る