• 特別保存刀剣
  • 江戸時代 初期

かたな めい もってなんばんてつおいてぶしゅうえどやすつぐ

刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸康継(二代)

刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸康継(二代)

「刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸康継[二代]」を作った2代康継(やすつぐ)は初代康継の長男で、名は下坂市之丞、初は「康次」。康継家は、初代が徳川家康(とくがわいえやす)より「康」の字を賜り、さらに徳川家家紋である三葉葵紋(みつばあおいもん)を(なかご)に切ることを許された刀匠です。

父の没後に2代目を継いで幕府の御用鍛冶となり、2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)より江戸詰めを命じられ、神田・紺屋町に住み、鍛刀しました。徳川秀忠は2代康継を重用(ちょうよう)し、小納戸(こなんど:将軍の側近職。日常の細務を司った)として、鷹狩りや大坂冬の陣夏の陣まで将軍のお供をさせています。

また、2代康継は、旗本の阿部四郎五郎(あべしろうごろう)や水野十郎左衛門(みずのじゅうろうざえもん)と親交があり、六方(ろっぽう:かぶき者。派手な服装で徒党を組むならず者。)として有名でしたが、作刀の技量においては、幕末・明治まで12代続く康継の内で、初代に次ぐ名手です。

作風は、反り浅く、重ねの厚い、身幅(みはば)が広く豪壮な姿で、焼幅の広い湾れ(のたれ)や互の目(ぐのめ)風の沸足(にえあし)が入った刃文(はもん)が多く見られます。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸康継(二代)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代 初期
(江戸新刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
康継(二代)
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72
反り 反り
(cm)
1.4

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 以南蛮鉄於武州江戸康継(二代)」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード