一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 江戸時代

やり めい かねさと

槍 銘 兼里

槍 銘 兼里
初代「兼里」は、「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられる美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)の名工「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)を父に持つ初代「兼友」(かねとも)の孫。兼友は、志津系の1系統である「直江志津」(なおえしづ)を代表する刀工。「兼里」は嘉吉年間(1441~1444年)頃から元禄年間(1688~1704年)頃まで続いており、本は、新刀期(1596~1780年[慶長元~安永9年])の兼里によって作刀されたと伝えられている1振です。 本槍は、平三角槍(ひらさんかくやり)の形状で、刃文口(においぐち)が締った直刃(すぐは)となって葉(よう)が入り、鍛えは板目肌が流れて柾目(まさめ)となっています。裏に太い溝のような物が彫られていますが、これは、「」(ひ)と呼ばれる刀身彫刻の1種。この樋により、刀身の重量が軽減されるだけでなく、曲がりにくくなるという効果が得られます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
刀工 刀工
兼里
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
美濃伝
(美濃国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
13.4
反り 反り
(cm)
0
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「槍 銘 兼里」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「槍 銘 兼里」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る