一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 昭和時代

たんとう むめい(かいぐんしかんたんけん)

短刀 無銘(海軍士官短剣)

短刀 無銘(海軍士官短剣) 短刀 無銘(海軍士官短剣)

「海軍士官短」とは、1883年(明治16年)に日本海軍が制定した短剣のことです。
は研出鮫皮巻、金線を巻いた鮫皮、金具には桜花葉が彫られているのが特徴。のデザインは、1945年(昭和20年)の第二次世界大戦が終戦するまで基本的に変更はなく、この海軍士官短剣を腰に帯び、颯爽と歩く海軍将校になるのが、当時の憧れと言われていました。
また刀身は、日本刀(刀剣)の短刀に似た模擬刀身や新作刀身、特殊刀身と、様々だったことが特徴です。
本剣の刀身は、短刀刃文直刃(すぐは)で、地鉄(じがね)は無地風によく詰んでいます。附属の鮫鞘も美しく、鮫皮の粒は通常よりも大きく珍しい物と言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
軍刀
刀工 刀工
不明
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
不明
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
22.1
反り 反り
(cm)
0.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「短刀 無銘(海軍士官短剣)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「短刀 無銘(海軍士官短剣)」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る