一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい きんたいきょうりいわもとせいざえもんこれをつくる げんじがんねんきのえねふゆ

刀 銘 錦帯橋里岩本清左衛門造之 元治元年甲子冬

刀 銘 錦帯橋里岩本清左衛門造之 元治元年甲子冬 刀 銘 錦帯橋里岩本清左衛門造之 元治元年甲子冬

「警察サーベル」とは、1877年(明治10年)の「西南戦争」時に、警視隊で編成された「抜刀隊」の活躍により、全国一斉に帯刀されるようになった刀。刀身は官給のサーベル以外にも、幹部などの高位者は、私物の日本刀(刀剣)を装着する人も多くいました。
本刀のにある「岩本清左衛門」とは、岩国藩(現在の山口県岩国市)吉川家のお抱え刀工「青龍軒盛俊」(せいりゅうけんもりとし)の本名で、鍛刀技術に優れた、新々刀期の名工です。
身幅が広く重ね厚く堂々とした体配。刃文は盛俊の特有で、大きな互の目(ぐのめ)が入って深く、焼きも高くて華やか。地鉄は小板目肌が精緻に詰み地沸(じにえ)がつき、地刃共に明るく冴えた1振。も、の背金に旭日章と共に桜花葉と唐草模様が高彫されていることから、高位の警察官が使用した刀と考えられます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
軍刀
刀工 刀工
青龍軒盛俊
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(周防国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.3
反り 反り
(cm)
1.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 錦帯橋里岩本清左衛門造之 元治元年甲子冬」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 錦帯橋里岩本清左衛門造之 元治元年甲子冬」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る