一覧に戻る
  • 保存刀剣
  • 昭和時代

かたな めい おおみやじゅうむさしけんこういはらてるひで(こくいん てる)
しょうわごねんきのとうねんはちがつきちじつ

刀 銘 大宮住武蔵剣工井原輝日天(刻印 輝)
昭和五年十乙卯年八月吉日

刀 銘 大宮住武蔵剣工井原輝日天(刻印 輝) 昭和五年十乙卯年八月吉日

「井原輝日天」(いはらてるひで)は、本名を井原福太郎と言い、昭和時代初期から平成時代初期にかけて活躍した日本刀鍛錬練習所出身の昭和刀鍛冶です。
本刀は、地沸(じにえ)が厚くつき、は明るく、時代の乱映りを写したようにも見えるのが特徴。輝日天(てるひで)の最盛期に作刀した希少で、素直な人柄を表わした1振になっています。
埼玉県立博物館に「宝寿」(ほうじゅ:鎌倉時代、平泉に住した刀匠の名刀)の写しを納めたことでも有名です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
井原輝日天
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(大宮)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.6
反り 反り
(cm)
1.3
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 大宮住武蔵剣工井原輝日天(刻印 輝) 昭和五年十乙卯年八月吉日」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 大宮住武蔵剣工井原輝日天(刻印 輝) 昭和五年十乙卯年八月吉日」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る