一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい たんごのかみかねみち

刀 銘 丹後守兼道

刀 銘 丹後守兼道

本刀は「能勢家」(のせけ)に伝来した刀。能勢家は、摂津源氏の流れを組み、戦国期からキリシタンとして知られ、十字架形の家紋「切竹矢筈十字」(きりたけやはずじゅうじ)が有名です。の「青貝微塵笛巻塗鞘半太刀形打刀拵」は、能勢氏の注文により作られた品。上等な青貝塗り、洗練された筋塗り、家紋が入った金物が一式と見事です。

「刀 銘 丹後守兼道」は、二代丹後守兼道が作刀。本名は、「喜平次」(きへいじ)で、初代丹後守兼道の子。初代丹後守兼道は、一文字と菊紋を茎(なかご)に切り、簾刃(すだれば)などを焼く作風が特徴的。一方、二代丹後守兼道は、深い直刃調(すぐはちょう)の刀や、華やかな濤瀾風(とうらんふう)の大互の目(おおぐのめ)乱れなど、当時の大阪新刀の流行を多く取り入れています。

本刀は、二代丹後守兼道でも傑作と言っていい1振。反りはやや深く、身幅が厚い立派な姿。地鉄(じがね)は、板目を詰んで美しく、地沸(じにえ)付いて強靱。刃文は、濤瀾風の大互の目乱れで匂深く明るく冴え帽子は小丸へ深く返っています。生ぶ茎で、がしっかりと刻まれ、鑢目(やすりめ)化粧筋違

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
丹後守兼道
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
能勢家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.1
反り 反り
(cm)
1.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 丹後守兼道」の関係についてご紹介します。

刀 銘 丹後守兼道の動画

刀 銘 丹後守兼道

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 丹後守兼道」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る