一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい うんしゅうただよしこれをつくる

刀 銘 雲州忠善造之

刀 銘 雲州忠善造之

本刀を制作した2代「川島忠善」(かわしまただよし)は、1923年(大正12年)8月15日、島根県仁多郡に生まれました。本名は「川島真」。
父である初代・川島忠善に鍛刀の技を学び、強い鍛えの地鉄と、鋭い刃味で知られる、昭和の代表的な名工です。
「備前長船長光」(びぜんおさふねながみつ)を模範とする備前伝を得意とした忠善は、自身の考え方として、「現在とかく華美になりすぎる感がある。あくまでも日本刀(刀剣)であるから、使用しなくても実用的であることを忘れてはいけないと思う。美術的で、折れず、曲がらず、よく切れるということを念頭において鍛刀せねばならない」と述べています。
戦時中は、「刀匠協会展」にて、金・銀牌(きん・ぎんぱい)を獲得。戦後、「作刀技術発表会」で努力賞1回、優秀賞3回、特賞3回を受賞。「新作名刀展」では、努力賞1回、奨励賞2回受賞。また、「毎日新聞社賞」1回、「文化財保護委員会委員長賞」1回、「名誉会長賞」1回と数多くの受賞歴があります。
1972年(昭和47年)、忠善は無鑑査刀匠に認定されました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
川島忠善
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(島根県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.3
反り 反り
(cm)
2.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 雲州忠善造之」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 雲州忠善造之」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る