一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい てんめいじゅらく ふじわらとしみつ

刀 銘 天命寿楽 藤原俊光

刀 銘 天命寿楽 藤原俊光

本刀の制作者である「藤原俊光」(ふじわらとしみつ)は、1898年(明治31年)4月21日、佐賀県にあった小城郡に生まれました。旧鍋島藩の士族出身で、本名は「今泉濟」(いまいずみわたる)。
1934年(昭和9年)、36歳のとき、独自の鍛刀研究に入り研鑽を積む(けんさんをつむ:技能などを磨き深めること)と、1955年(昭和30年)、「第一回作刀技術発表会」に入選。以後、特賞3回、優秀賞6回と受賞を重ねます。1959年(昭和34年)、岡山県重要無形文化財保持者に認定。1968年(昭和43年)、「第二回吉川英治賞」を受賞。1977年(昭和52年)には「正宗賞」を受賞しました。
数々の受賞歴を誇る俊光ですが、自身が気に入らない相手からの作刀依頼は決して受けなかったと言われ、そのため著名な刀工でありながら現存する作品は希少です。また、生活に困窮することがあっても、作刀に没頭していたことも有名で、存在感のある刀工として知られています。
1995年(平成7年)8月28日逝去。享年97歳。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
藤原俊光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
77.8
反り 反り
(cm)
2.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 天命寿楽 藤原俊光」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 天命寿楽 藤原俊光」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る