• 未鑑定
  • 現代

かたな めい みやいりのりひろこれをつくる

刀 銘 宮入法廣作之

刀 銘 宮入法廣作之

本刀の制作者である「宮入法廣」(みやいりのりひろ)は、1956年(昭和31年)、人間国宝宮入昭平/行平」(みやいりあきひら/ゆきひら)の弟である「宮入清平/清宗」(みやいりきよひら/きよむね)の長男として長野県坂城町で誕生。

1978年(昭和53年)、國學院大學卒業後、石川県の人間国宝「隅谷正峯」(すみたにまさみね)に師事。5年間学んだのち独立し、1996年(平成8年)に長野県東御市(旧北御牧村)八重原に鍛刀道場を構えるまで、坂城町において父・清平と共に作刀に専念しました。

「新作名刀展」では、特別賞8回・優秀賞4回の受賞歴を誇ります。39歳のとき、最年少で新作名刀・無鑑査の認定を受け、東御市の無形文化財に指定。そして2011年(平成23年)、長野県無形文化財に指定されました。

法廣は、師匠の正峯が得意とした「隅谷丁子」(すみたにちょうじ)と呼ばれる重花丁子乱れ(じゅうかちょうじみだれ)の備前伝の作風を踏襲。さらに近年は、独自の研究による映りの再現や、正倉院に伝わる刀子(とうす:平安時代初期頃の小刀)の復元にも力を注いでいます。また、その活躍の場は広く、伊勢神宮式年遷宮式御神宝の直刀の制作も手掛けました。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 宮入法廣作之」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
現代
(現代刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
宮入法廣
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(長野県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72.4
反り 反り
(cm)
1.7

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 宮入法廣作之」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード