• 特別保存刀剣
  • 昭和時代

わきざし めい りゅうせんにゅうどうさだつぐ

脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)

脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)

「高橋金市貞次」は、刀匠として全国で初めて、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された愛媛県出身の刀匠です。

人間国宝に認定された刀匠の中では作刀数は多くありませんが、神宮や奉納刀、御神刀、皇室関連の守り刀を多数作刀しており、1938年(昭和13年)には第1回刀剣展にて、内閣総理大臣賞を受賞。

その後1959年(昭和34年)に、第125代天皇「皇太子明仁親王」ご成婚に際して、「皇太子妃美智子」さまの守り刀をはじめ、「礼宮文仁親王」に至るまでの数年間、皇太子妃所生の皇男子の守り刀を鍛え続けました。

本刀は愛媛県の温泉開発者「水口義誉」氏からの注文刀です。月山一門に見られるよく錬られた強い鍛えの地鉄(じがね)に、互の目(ぐのめ)交じりで沸(にえ)は厚く、金筋(きんすじ)砂流し(すながし)のかかった刃文相州伝の作風。貞次が得意とした彫物は表と裏に施され、表には目を引く草の倶利伽羅が、裏には梵字、護摩箸などが肉彫(にくぼり)にて施されており、相州伝の激しい作風とも相まって迫力に富んだ1振となっています。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
脇差
刀工 刀工
高橋貞次
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(愛媛県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
40.9
反り 反り
(cm)
0.6

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード