• 未鑑定
  • 昭和時代

かたな めい せきてつにゅうどうたいらさだしげこれつくる

刀 銘 石徹入道平貞重之作

刀 銘 石徹入道平貞重之作

「石徹入道平貞重」とは、「平貞重/今井貞重」のこと。1891年(明治24年)愛媛県西条市生まれ。人間国宝「高橋貞次」に入門して高い技量を示し、1935年(昭和10年)に「文部省後援第1回新作日本刀展覧会」で「総裁名誉賞特選」を受賞してから、数々の受賞を果たしました。
作風は、備前伝風で、丁子乱れの焼刃が得意。隠岐神社他、多くの奉納刀を勤作し、太平洋戦争時には、小倉陸軍造兵廠(こくらりくぐんぞうへいしょう:現在の福岡県小倉市)の指定刀匠を務めました。
本刀は、1945年(昭和20年)5月、大東亜戦争が終戦する直前に制作された物。長さは万人に扱いやすいと言われた、やや小ぶりの66.4cm(2尺1寸9分)です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
今井貞重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(福岡県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
66.4
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 石徹入道平貞重之作」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 石徹入道平貞重之作」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード