一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代 後期

かたな めい びしゅうおさふねじゅうちかかげ

刀 銘 備州長船住近景

刀 銘 備州長船住近景

本刀は、周防国(現在の山口県東部)岩国藩の領主「吉川家」に伝来した「長巻直し」(ながまきなおし)の打刀です。

「長巻」(ながまき)は、大太刀(つか)部分を長くして扱いやすくした長柄の武器。「長巻直し」は、長巻の(なかご:刀身の中でも柄に収める部分)を磨り上げて打刀や脇差などに整形することです。

作刀者は、鎌倉時代末期から南北朝時代に備前国(現在の岡山県南東部)で活動した刀工「近景」。「近景」は、「長船三作」や「長船四天王」のひとりに数えられる「長光」に師事し、太刀をはじめとして多くの作品を制作しました。

近景の代表作には、戦国時代に「本能寺の変」を起こし、主君「織田信長」を討ち取った武将「明智光秀」の愛刀である「明智近景」が知られており、本刀も同じく近景が作刀していますが、明智近景よりも制作年代は上がります。

本刀の地鉄(じがね)は、板目詰んで地沸(じにえ)が細かく映り立っているのが特徴。刃文は、出来で美しく、中直刃に少し尖り、小互の目(こぐのめ)が交じって小(こあし)がよく入っています。

なお、長巻直しはその形状から「薙刀直し」(なぎなたなおし:薙刀を打刀などに整形すること)と混同されることがありますが、本刀のように鋒/切先(きっさき)の帽子に反りがなく、焼詰(やきづめ)になっており、横手筋(よこてすじ)がある場合は長巻直しです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
近景
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
岩国藩藩主 吉川家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.2
反り 反り
(cm)
1.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 備州長船住近景」の関係についてご紹介します。

刀 銘 備州長船住近景の動画

刀 銘 備州長船住近景

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 備州長船住近景」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード