• 保存刀剣
  • 昭和時代

かたな めい さんりゅうまさみねこれをつくる

刀 銘 傘笠正峯作之

刀 銘 傘笠正峯作之

傘笠正峯は、本名「隅谷與一郎」(すみたによいちろう)。1921年(大正10年)生まれ。大学卒業後、「桜井正幸」(さくらいまさゆき)に入門。独立後は、「日本刀鍛錬所傘笠亭」を開きました。
1970年前後(昭和40年代)には、新作刀に与えられる最高賞「正宗賞」を3度受賞します。「天下三名槍」のうち、正峯作の「日本号」の写しは、現存する写しの中で最高傑作と高い評価を受けました。
鎌倉時代の備前刀を得意とし、地鉄刃文の研究にも熱心に取り組んだことで知られています。独自の刃文「隅谷丁子」を完成させ、1981年(昭和56年)には「人間国宝」に認定されました。1998年(平成10年)没。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 傘笠正峯作之」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
隅谷正峯
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(石川)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.8
反り 反り
(cm)
2.9

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 傘笠正峯作之」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード