• 未鑑定
  • 江戸時代 後期

けぬきがたたち(きんぞうがんめい)てつお(かおう)

毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)

毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)

太刀は、幕末期に制作された「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)写しの傑作。刀身は「鉄雄」(てつお)、彫物と金具類は「精一」による合作です。

「毛抜形太刀拵え」(けぬきがたたちこしらえ)は、日本刀成立以後の刀剣外装としては最古のひとつとされ、平安時代にその原型が見られます。このの大きな特徴は、と刀身が共鉄で形成されているため、一体化していることと、その名の由来にもなっているように、柄中央部に毛抜形の透かし彫りが施してあることです。

本太刀の(なかご)部分の側には、花押(かおう:署名の代わりに書いた記号)で「鉄雄」の金象嵌銘があります。

金具(さやかなぐ)、縁頭(ふちがしら)、飾り目貫(かざりめぬき)、共(ともはばき)、彫物は精一による作です。

刀身の手元側の表には「髭題目」(ひげだいもく)による「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の文字があり、裏は「火炎宝珠」(かえんほうじゅ)に、写実的な真の「俱利伽羅」(くりから)を浮き彫りにしています。髭題目とは、日蓮宗における特殊な筆法で、お題目である「南無妙法蓮華経」の「法」以外6文字の筆端を、髭のように長く走らせる書体のこと。これらの彫り物も丁寧で巧みな彫り口を示しています。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
江戸時代 後期
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
鉄雄
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(不明)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.9
反り 反り
(cm)
1.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「毛抜形太刀(金象嵌銘)鉄雄(花押)」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード