• 保存刀剣
  • 江戸時代 後期

わきざし めい なおたね

脇差 銘 直胤(花押)

脇差 銘 直胤(花押)

「直胤」とは、大慶直胤(たいけいなおたね)のこと。1778年(安永7年)、出羽国(でわこく:現在の山形県)に生まれ、本名は庄司(荘司)箕兵衛(美濃兵衛)。

同郷の先輩である「水心子正秀」(すいしんしまさひで)に師事し、師を凌ぐ才能と賞賛され、正秀の復古刀論を実践しました。技工に優れ、景光を狙った「備前伝」や、(にえ)の激しい「相州伝」の作風が得意。「源清麿」(みなもときよまろ)、正秀も共に「江戸三作」と呼ばれました。

脇差は、小板目肌がよく詰んだ鍛え、互の目乱れ(ぐのめみだれ)で勝ちに小沸(こにえ)がついた刃文、尖った帽子と、まるで備前物、もしくは青江物のような素晴らしさ。表裏の彫刻も見事で、直胤作刀で唯一とも言える倶利伽羅の欄間透彫が入念に施されています。

また、作刀当時の「朱布目塗鞘 脇差拵」(保存刀装具)が添えられており、貴重です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「脇差 銘 直胤(花押)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
(新々刀)
刀剣種別 刀剣種別
脇差
刀工 刀工
直胤
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(江戸)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
37.4
反り 反り
(cm)
0.9

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「脇差 銘 直胤(花押)」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード