一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代

たち めい いち(よしおかいちもんじ)

太刀 銘 一(吉岡一文字)

太刀 銘 一(吉岡一文字)

太刀は、「豊臣秀吉」の実弟「豊臣秀長」の愛刀であった「吉岡一文字」在銘の貴重な名刀です。秀長は、大和(現在の奈良県)、紀伊(現在の和歌山県)、和泉(現在の大阪府)の3ヵ国、110万石を領し、従二位大納言に任じられた豊臣政権の重鎮でした。
秀長の長女「菊姫」(大善院)が「毛利秀元」(もうりひでもと)に輿入れする際、引き出物として、この吉岡一文字の太刀が贈られ、以降、毛利家に伝来することとなります。
吉岡一文字は、鎌倉時代末期に始まる備前国(現在の岡山県)の刀工一派です。本太刀の地鉄(じがね)には、備前特有の板目肌に杢目(もくめ)が交じり、微細な沸(にえ)が表れています。小丁子乱れに小足・葉(よう)が入った刃文も、吉岡一文字派の特色です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
吉岡一文字
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀長 → 毛利家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
67.3
反り 反り
(cm)
2.3
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 一(吉岡一文字)」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 一(吉岡一文字)の動画

太刀 銘 一(吉岡一文字)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 一(吉岡一文字)」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る