• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代

かたな むめい はたけださねもり

刀 無銘 畠田真守

刀 無銘 畠田真守

本刀は、西条藩(現在の愛媛県西条市)藩主、伊予西条松平家に伝来。

制作したのは、備前(現在の岡山県)畠田派の刀工、「畠田真守」です。父は畠田派の祖である、「畠田守家」(はたけだ もりいえ)。父・守家に似ているところが、蛙子(かわず)を強調した丁子乱れ(ちょうじみだれ)を焼き、変化に富んだ華麗な作風。逆に、父・守家との違いは、乱れが小模様で繊細なところ。銘がある作品は、旧国宝にも選ばれています。

大磨上された無銘で、鍛えは小板目肌がよく詰み、特に刃文が秀逸です。蛙子丁子(かわずこちょうじ)、互の目(ぐのめ)、尖り刃等が交じり、裏側も蛙丁子が目立ち、(よう)がさかんに入って、とても華やか。肉置き豊かな造り込みで、手持ちがズッシリと重く、存在感のある1振です。

  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 畠田真守」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
真守
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
伊予西条松平家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.6
反り 反り
(cm)
2.6

刀 無銘 畠田真守の動画

刀 無銘 畠田真守

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「刀 無銘 畠田真守」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード