• 重要美術品
  • 鎌倉時代

たち めい くにむね

太刀 銘 国宗(伯耆)

太刀 銘 国宗(伯耆)

太刀は、「山名家」から鳥取藩主「池田家」へと伝来した、由緒正しい「伯耆国宗」(ほうきくにむね)の作です。
刀工・伯耆国宗は、「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね:備前長船出身で、後年鎌倉に移住して相州鍛冶の基礎を作った人物)の門人で、伯耆国(ほうきのくに:現在の鳥取県西半部)で作刀。江戸時代後期の大名、「井伊直亮」(いいなおあき)の差料(重要文化財)を作った刀工としても有名です。
また、山名家とは、室町時代に繁栄した、清和源氏新田氏庶流の武家の名門。全国66ヵ国のうち11ヵ国の守護職を務め「六分の一殿」と呼ばれたことも。しかし、1391年(元中8年[南朝]/明徳2年[北朝])、「明徳の乱」を起こして幕府に反した結果、制圧されて没落。山名持豊(法名:宗全)の時代に武功を挙げて盛り返しますが、その後は大幅に勢力を失いました。
太刀姿は品格があり、地刃ともに健全。板目がよく詰み、沸(にえ)づいた小乱れに丁子が乱れる、とても華麗な刃文です。荒びた感じが格好良いと言われる、伯耆国宗の特徴がよく表れています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
国宗
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(伯耆国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
山名家 → 池田家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.2
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 国宗(伯耆)」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 国宗(伯耆)の動画

太刀 銘 国宗(伯耆)

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 国宗(伯耆)」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード