一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代 後期

かたな めい あまひで

刀 銘 天秀

刀 銘 天秀

「水心子正秀」は、山形藩(やまがたはん:現在の山形県)藩主「秋元永朝」(あきもとつねとも)の抱え工。文政元年(1818年)には息子の「貞秀」(さだひで)に正秀の号を譲って「天秀」(あまひで)と改め、晩年には刀剣復古論を唱えて「刀剣武用論」、「刀剣弁疑」など多くの著書を刊行しています。新々刀期における一大教育者として、幾多の門弟を育成しており、門下から「大慶直胤」(たいけいなおたね)、「細川正義」(ほそかわまさよし)などの名工を輩出。
本刀は初代、二代水心子正秀の合作による1振です。地肌は、小板目肌が微塵に詰んで地沸も細かに付いて精美。刃文は「備前伝」(びぜんでん)の互の目(ぐのめ)丁子刃、逆足入り、片落風で、地刃共に明るく冴えています。さらに、差表になされた倶利伽羅竜の刀身彫刻は、彫金師「本荘義胤」(ほんじょうよしたね)の手によるもの。2人の名工と彫金師による、たいへん出来映えが良い名作です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
水心子正秀
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
上州館林秋元家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
76.4
反り 反り
(cm)
2.1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 天秀」の関係についてご紹介します。

刀 銘 天秀の動画

刀 銘 天秀

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 天秀」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る