一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい おいてぶしゅうえふやまとのかみやすさださく

刀 銘 於武刕(州)江府大和守安定作

刀 銘 於武刕(州)江府大和守安定作

「大和守安定」は江戸時代の武蔵国(むさしのくに:現在の東京都埼玉県神奈川県東部)の刀工。新刀上々作にて良業物
「石堂」(いしどう)出身でありながら、その作風が見られない物が多く、「康継」(やすつぐ)一門と相当密接な関係にあり、初代「康継」の門人であったと言われています。ただ、「小笠原信夫」の著書「長曽祢乕徹新考」(ながそねこてつしんこう)によれば、康継一門よりは「和泉守兼重」(いずみのかみかねしげ)と深いかかわりがあったとのことです。
1655年(明暦元年)、安定は伊達家により仙台へ招かれ、「徳川家康」の命日に仙台東照宮へ1振、「伊達政宗」の命日に瑞鳳殿(ずいほうでん)へ1振、奉納刀として納めました。瑞鳳殿の奉納刀は、戦後、伊達家より改めて瑞巌寺(ずいがんじ)へ奉納されています。なお、安定の弟子である「安倫」(やすとも)は、その後、仙台の刀工として明治まで9代続きました。
本刀は、身幅広く、反りが浅い寛文新刀姿で、刃文は、大互の目(おおぐのめ)乱れで沸(にえ)が深く、砂流しがかかっています。帽子は、湾れ(のたれ)込んで小丸に返るのが特徴。全体を観るに、豪壮で力強い作となり、書きに「佐藤寒山」(さとうかんざん)博士の書付で、「同作中佳作也」のお墨付きがあります。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
大和守安定
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.8
反り 反り
(cm)
1.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 於武刕(州)江府大和守安定作」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 於武刕(州)江府大和守安定作」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る