一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 昭和時代

たち めい えちごのくによしみつさく

太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し)

太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し) 太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し)

太刀は「大野義光」(おおのよしみつ)刀匠による上杉家の御家名物「国宝 山鳥毛一文字」写しの優品。本太刀は、東京都文京区にあった日本刀装具美術館(2001年[平成13年]閉館)主催コンクールに出品された優作で、鎌倉時代中期の豪壮な太刀姿でとても迫力のある作品です。本歌(手本となった刀剣)と同様に「差し込み研ぎ」で上研磨されており、備前伝がよく映えています。打刀は白鞘師「廣井章久」(ひろいあきひさ)氏が手掛けた上杉家独自の様式であるの付かない合口打刀拵「上杉拵」の写しです。「国宝 山鳥毛一文字」にも同様の上杉拵が附帯しています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
大野義光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(新潟)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
78.1
反り 反り
(cm)
3.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し)」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し)の動画

太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 越後国義光作 (山鳥毛写し)」は明治時代以降(現代刀)に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る