• 未鑑定
  • 昭和時代

たち めい えちごこくよしみつさく

太刀 銘 越後国義光作(山鳥毛写し)

太刀 銘 越後国義光作(山鳥毛写し) 太刀 銘 越後国義光作(山鳥毛写し)

「太刀 銘 越後国義光作(山鳥毛写し)」は、現代刀工のなかでも屈指の技量と人気を誇る刀工、大野義光(おおのよしみつ)による「国宝 山鳥毛」写しです。

本歌(手本となった刀剣)「山鳥毛」は、福岡一文字派により作られた太刀(たち)で、上杉家に伝来しました。見る者を魅了する華麗な重花丁子(じゅうかちょうじ)の刃文(はもん)が特徴です。

現在は岡山県瀬戸内市所有になっています。大野義光は1948年(昭和23年)に新潟県西蒲原郡に生まれ、本名は吉川三男。日本大学農獣医学部在学中より日本刀に興味を持ち、1969年(昭和44年)に吉原義人(よしはらよしんど)・吉原荘二(よしはらしょうじ)兄弟の門弟となります。1976年(昭和51年)、新潟県黒崎町に鍛錬所を設けて独立。1987年(昭和62年)に無鑑査認定となりました。

本太刀は、東京巣鴨にあった刀装具美術館(2001年[平成13年]に閉館)が主催するコンクールに出品された物で、鎌倉中期風の豪壮な太刀姿で迫力のある作品です。本歌と同様に「差し込み研ぎ」(さしこみとぎ)で研磨されています。

(こしらえ)は白鞘師・廣井章久(ひろいあきひさ)による「上杉拵」(うえすぎこしらえ:上杉家に特徴的な、のない合口拵)。「国宝 山鳥毛一文字」に付属する拵の写しです。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 越後国義光作(山鳥毛写し)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
昭和時代
(現代刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
大野義光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(新潟県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
78.1
反り 反り
(cm)
3.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 越後国義光作(山鳥毛写し)」は明治時代以降(現代刀)に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード