• 特別重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい えちごのかみかねさだ

刀 銘 越後守包貞

刀 銘 越後守包貞

本刀は、名匠と名高い二代・越後守包貞(えちごのかみかねさだ)の代表作です。二代包貞は、元々美濃伝・関七流(せきしちりゅう)の一派である善定家(ぜんじょうけ)照門(てるかど)の門弟で、のちに大阪に出て初代・越後守包貞へ弟子入り。初を「輝包」と刻み、後年は初代包貞の養子となりました。初代の実子・岩松が成人すると、越後守包貞の名を譲り、延宝8年(1680年)以降、自身は「坂倉言之進照包」と改銘しています。

本刀は、延宝4年(1676年)の作で、身幅(みはば)広く、反り浅く、中鋒/中切先(ちゅうきっさき)の姿。小板目肌がよく詰み地沸(じにえ)よく付き、冴え地鉄(じがね)。刃文(はもん)は津田越前守助広(つだえちぜんのかみすけひろ)風の濤瀾刃(とうらんば)で、大互の目乱れ(おおぐのめみだれ)にが入って砂流し(すながし)がかかり、匂口(においぐち)が明るく冴えているのが特徴です。

帽子小丸に返り、先がわずかに掃き掛け、(なかご)は生ぶ(うぶ)で、大筋違(おおすじかい)の化粧鑢目(けしょうやすりめ)。差表(さしおもて)の寄りに「越後守包貞」、裏には「延宝四年丙辰八月吉日」の銘が切られています。

二代包貞の作品は、「大業物」(おおわざもの)としても有名です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「刀 銘 越後守包貞」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
江戸時代
(大坂新刀)
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
越後守包貞
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(越後国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.6
反り 反り
(cm)
1.5

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「刀 銘 越後守包貞」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード