一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 後期

たち めい ながみつ

太刀 銘 長光

太刀 銘 長光

「長光」は、「長船派」(おさふねは)の始祖として知られる「光忠」(みつただ)の子。長船正系の2代目である長光の現存する在作は、同じ時代に作刀した刀工の中でも最も多く見られますが、どれも仕上がりにはバラつきがなく、その技量の高さが窺えます。

長光の作風は大きく分けると2種類。父・光忠を思わせる豪壮な造込みに、華美な丁子乱(ちょうじみだれ)の刃文を主調としたものと、細身、もしくは尋常な身幅の姿に、直刃調で丁子足(ちょうじあし)働きが刃中に見られる、比較的穏やかな出来口のものがあります。

太刀は、細身の太刀姿で鎌倉時代後期の様相を呈し、磨上げられていながらも長寸のままで腰反りが高く付き、もとには踏張りが示されて重ねも厚く保たれているなど、保存状態も良好。長光の作刀の中でも、極めて称賛に値する日本刀(刀剣)です。

本太刀の作柄は、鍛えは板目詰んで乱映り(みだれうつり)が立ち、刃文は匂(におい)出来の中直刃(ちゅうすぐは)に、細やかな乱れや働きが表れており、落ち着きを感じさせます。さらには、帽子が「三作帽子」(さんさくぼうし)であるなど、長光後期の典型を示す作品であり、その中でも特筆すべきは、板目が詰んだ肌合に、細かな地景(ちけい)を交えて地沸(じにえ)が微塵に付いた鍛えです。そこには、緻密さと美しさがかね備えられており、長光在銘作の中でも卓越した出来の1振であると言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 特別重要刀剣 時代 時代 鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別 太刀 刀工 刀工 長光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 75.9 反り 反り(cm) 2.4
鑑定区分 鑑定区分 特別重要刀剣
時代 時代 鎌倉時代 後期
刀剣種別 刀剣種別 太刀
刀工 刀工 長光
制作国 制作国 備前伝 (備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
75.9
反り 反り
(cm)
2.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 長光」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 長光の動画

太刀 銘 長光

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真検索の詳細情報ページです。
「太刀 銘 長光」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る