一覧に戻る
  • 未鑑定
  • 安土桃山時代

なぎなた めい たんばのかみよしみち

薙刀 銘 丹波守吉道

薙刀 銘 丹波守吉道

薙刀は、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」において、「石田三成」が「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)に西軍への助勢を願って贈った、同作10振中の1振。丹波守吉道の初期の作品で、刃文はまだ簾刃が見られない「兼房乱れ」と称される、美濃関鍛冶特有の作風です。

薙刀の朱色のは当時の物で、他の現存する同作10振中の1口にも同一の柄が付随されています。薙刀、薙刀拵共に、関ヶ原の戦いを語るうえでの貴重な遺産です。

「丹波守吉道」は、関の名工「兼道」(かねみち)の3男。兼道は、志津三郎兼氏9代の孫と言われ、1593年(文禄2年)に長男「伊賀守金道」(いがのかみきんみち)、次男「和泉守金道」(いずみのかみきんみち)、3男「丹波守吉道」、4男「越中守正俊」(えっちゅうのかみまさとし)を連れて京に上り、「三品派」の祖となりました。

この5人の親子は「京五鍛冶」と呼ばれ、江戸時代を通して繁栄。特に丹波守吉道は、独自の簾刃(すだれば:簾のような刃文)を開発しました。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
時代 時代
安土桃山時代
刀剣種別 刀剣種別
薙刀
刀工 刀工
丹波守吉道
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
石田三成→ 佐竹家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
64.4
反り 反り
(cm)
3.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「薙刀 銘 丹波守吉道」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「薙刀 銘 丹波守吉道」は安土桃山時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る