一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 末期

かたな むめい でんごう

刀 無銘 伝江

刀 無銘 伝江

本刀を作刀した「郷義弘」(ごうのよしひろ)は、単に「江」(ごう)と呼ばれることがあります。それは、義弘が越中国(えっちゅうのくに:現在の富山県)松倉郷(まつくらごう)に在住していたことから、その地名の一字を取り、また、義弘の本姓が「大江」(おおごう)であったため、「郷」の字の発音と相通ずるところがあったことも理由だと考えられています。

義弘は、「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられる名工でもありますが、在銘作はほとんど現存していません。江と極められている物の作風を総体的に見てみると、直刃(すぐは)調の落ち着いたものと、湾れ(のたれ)互の目や小互の目などを交えて、沸(にえ)は強く、金筋砂流しなどがかかる本刀のように、比較的盛んに乱れた2種類の様相を示しています。

本刀は、大磨上無銘ですが、江と伝わる1振です。その鍛えは、小板目肌が詰んで杢目が交じり、刃文には、地沸(じにえ)が細かに厚く付き、地景もよく入っています。十分に冴えた地刃に、焼(やき)が深く、乱れ込んで沸崩れ、掃きかけた帽子などの出来映えは、同工の極めとなった作品の中でも、特に優品だと言える1振です。

刀剣ことわざ集
「郷と化物は見たことがない」はこちら >

刀剣マンガ(刀剣ことわざ4コマ漫画)
「郷と化物は見たことがない」はこちら >

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 末期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
郷義弘
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(越中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.1
反り 反り
(cm)
1.9
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝江」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 伝江の動画

刀 無銘 伝江

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝江」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る