• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 中期

たち めい よしもち

太刀 銘 吉用

太刀 銘 吉用

吉用(よしもち)は、福岡一文字派・助房(すけふさ)系統に属し、鎌倉時代中期に活躍した刀工です。

出自は吉岡一文字派の祖である助吉(すけよし)の子、もしくは古一文字派・重久(しげひさ)の子など諸説あります。吉用の作品は杢目肌(もくめはだ)が刃の中にまで現れるため、地鉄(じがね)が特徴的です。これは「吉用肌」(よしもちはだ)と呼ばれています。

太刀は、やや細身で、磨上げ(すりあげ)ながらも反り高く、腰反りのややついた姿(すがた)。地鉄は板目に杢が交じり、地沸(じにえ)が微塵につき、地景(ちけい)が細かく入り、乱映りが鮮明に立っています。小丁子(こちょうじ)に小乱れ(こみだれ)、小互の目(こぐのめ)が交じり、小(こにえ)がつき、金筋(きんすじ)や砂流し(すながし)が掛かる刃文です。

刀身の表裏には、鋒/切先(きっさき)から(なかご)まで棒樋が並行する「連樋」(つれひ)を丸止めにして掻いています。茎は、勝手下がりの鑢目(やすりめ)に切りが追加されており、目釘孔(めくぎあな)は2つ。が小ぶりで、「用」の字が細長くなっています。地刃ともに健全で出来の良い、鍛錬も優れた1振です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 吉用」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 中期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
吉用
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国/岡山県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.3
反り 反り
(cm)
1.8

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 吉用」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード