一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい ようけいくにかね

刀 銘 用恵国包

刀 銘 用恵国包

伊達政宗」(だてまさむね)のお抱え刀工であった「国包」は、1614年(慶長19年)政宗の命により、「越中守正俊(えっちゅうのかみまさとし)」の門人となってさらに研鑽を積み、1626年(寛永3年)には「山城大掾(やましろだいじょう)」を受領。政宗が亡くなると仏門に入り、法号を「仁沢用恵(にんたく/じんたくようけい:「用恵仁沢」とも)」と称しました。
本刀の鍛えは、柾目(まさめ)肌がよく詰み、地沸(じにえ)は微塵に厚く付き、地鉄(じがね)は冴えて美しくなっています。中直刃(ちゅうすぐは)刃文は、浅い湾れ(のたれ)ごころに喰違刃を交え、金筋砂流しがよくかかり、匂口(においぐち)が明るく爽やかな出来映えです。

また、国包は、鎌倉時代における大和国(やまとのくに:現在の奈良県)の刀工「保昌五郎貞吉」(ほうしょうごろうさだよし)の末流と伝えられており、祖法(そほう:祖先や師匠から代々伝わる方法)とも言える大和保昌伝を再現した作風は精度が高く、洗練された仕上がりになっています。
同工の作刀は、受領銘が切られた物が多く見られますが「用恵」銘は少ないため、本刀は資料としても貴重な1振だと言えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
国包
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(陸奥国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 用恵国包」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 用恵国包」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る