一覧に戻る
  • 重要美術品
  • 鎌倉時代

かたな むめい でんびぜんさねもり

刀 無銘 伝備前真守

刀 無銘 伝備前真守

「真守」は、「畠田」(はたけだ)派の祖「守家」(もりいえ)の子、あるいは孫と伝わる刀工。同派は、鎌倉時代中期から南北朝時代にかけて、備前国長船(びぜんのくに・おさふね:現在の岡山県瀬戸内市)と小川をひとつ隔てた隣接地・畠田に居住し、栄えた一派です。

「畠田真守」は、「畠(畑)」や「田」を「真」に「守」ることを意味する縁起の良いの名前のうえ、さらには古今に優れた名刀として、特に大名家において重宝されました。

また真守は、鎌倉幕府が全国から切れ味に優れた刀(=業物[わざもの])を報告させ、その刀工名をまとめた「注進物(ちゅうしんもの)」や、室町幕府3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)が備前国・備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)の刀工のうち、下賜するのにふさわしい業物の刀工60名を挙げた「可然物」(しかるべきもの)にも選ばれていたことから、名前だけでなくその作刀技術も高く評価されていたことが窺えます。

本刀は、「毛利元就」(もうりもとなり)の次男で、武勇に優れた「毛利両川」(もうりりょうせん)のひとりであった「吉川元春」(きっかわもとはる)が愛蔵した1振。「一文字」(いちもんじ)作のようにも見える、吉川家における健全無比の宝刀です。

猪首鋒/猪首切先(いくびきっさき)に鈍刀なし」の言葉通りに豪快な造込みで、刃文には蛙子丁子乱(かわずこちょうじみだれ)が交じり、乱映りが鮮やかに現れています。真守の秀でた技量を示す特徴が随所に見られる傑作刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要美術品
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
真守
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
吉川元春 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.6
反り 反り
(cm)
1.8
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 無銘 伝備前真守」の関係についてご紹介します。

刀 無銘 伝備前真守の動画

刀 無銘 伝備前真守

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 無銘 伝備前真守」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る