• 重要刀剣
  • 江戸時代 前期

わきざし めい つだえちぜんのかみすけひろ えんぽうごねんにがつひ

脇差 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日

脇差 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日

脇差の作者である2代「助広」は、1637年(寛永14年)に摂津国打出村(せっつのくに・うちでむら:現在の兵庫県芦屋市)で生まれ、父である初代・助広(別称:そぼろ助広)の門下で鍛刀技術を学びました。そして1655年(承応4年/明暦元年)に師が亡くなったあと、助広の名を継いで2代目となります。
1658年(万治元年)には「越前守」を受領。1667年(寛文7年)大阪城代「青山宗俊(あおやまむねとし)」のお抱え刀工となり、生涯において1,670振にも及ぶ刀剣を鍛えたと伝えられているのです。1674年(延宝2年)宗俊の家臣であった「田塩保良(たしおやすよし)」が「近衛流(このえりゅう)」で書いたの見本を与えられたため、それ以前の「角津田(かくつだ)」と称されていた楷書体銘を、「丸津田(まるつだ)」と呼ばれる草書銘に改めています。
「井上真改(いのうえしんかい)」と共に大坂新刀の代表刀工であると評される助広は、大坂刀工のみならず、新々刀期に至る全国の刀工たちにまで影響を与えた独特の刃文濤瀾乱(とうらんみだれ)」を創始したことで有名。
本脇差の刃文にも、ところどころに角がかった刃が交じる濤瀾乱が見られ、(におい)が深く粒が揃った(にえ)がよく付き、地刃共に明るく、助広の実力が発揮されている1振です。年紀銘に「延宝五年(1677年)」とあることから、同工40歳頃の作刀であることが窺えます。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 前期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
脇差
刀工 刀工
津田越前守助広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
54.5
反り 反り
(cm)
1.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「脇差 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日」の関係についてご紹介します。

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣・日本刀写真/画像の詳細情報ページです。
「脇差 銘 津田越前守助広 延宝五年二月日」は江戸時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード