一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 江戸時代

かたな めい おいてぶしゅうえどえちぜんやすつぐ
けいちょうじゅうきゅうねんとらしちがつじゅういちにちふたつどうおち

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)
慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落

本刀は、新刀期の名工「康継」の壮年期の作品。越前松平家(まつだいらけ)の祖である「結城秀康(ゆうきひでやす)」の次男「松平忠昌(まつだいらただまさ)」が、1615年(慶長20年)の「大阪夏の陣」に指料(さしりょう:自身の腰に差す刀のこと。「差料」とも)とした1振。越前藩(えちぜんはん:現在の福井県福井市)32万石を領した松平家伝来の重宝です。
若々しい覇気に富み、身幅広く、見る者を圧倒する堂々とした刀姿で、青黒く澄んだ地鉄(じがね)は深い潤いが感じられ、中直刃(ちゅうすぐは)に小互の目(ぐのめ)を交えた刃文は、鋭気を含んだ沸(にえ)が輝き、ところどころに金筋・砂流しがかかっています。また、刃中は、雷鳴がとどろくかのように荒々しい働きが見られるだけではなく、凛とした気品に満ちているのです。
元先の幅差がなく、反りは浅く、大切先/大鋒の迫力があり、南北朝時代を彷彿とさせる慶長新刀の代表的な刀姿をしています。地鉄は板目に杢目(もくめ)を交え、地沸微塵に厚く付き、沈みごころとなっている匂口(においぐち)からは、切れ味の良さが窺えるのです。茎(なかご)には、金象嵌(きんぞうがん)の技法を用いて、「二ッ筒落(ふたつどうおち:「2人の罪人の死体を重ねて切れた」ことを意味する)」という裁断銘(試し切りの結果などを表した銘)が堂々とした書体で切られています。切り手の名前は明記されていませんが「中川左平太(なかがわさへいた)」と推測され、資料的にも貴重な1振です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
康継
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
松平忠昌 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.4
反り 反り
(cm)
1
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落」の関係についてご紹介します。

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)
慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落の動画

刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 於武州江戸越前康継(金象嵌)慶長十九年寅七月十一日二ツ筒落」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る