一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 末期

たち めい きよつな

太刀 銘 清綱

太刀 銘 清綱

「清綱」は、鎌倉時代に興り室町時代末期まで繁栄を続けた、周防国(すおうのくに:現在の山口県東部)の一門「二王(におう)」派の事実上の祖と伝わる名匠です。「大和鍛冶」(やまとかじ)系の一派で、当時中国地方最大の豪族であった「大内氏(おおうちし[うじ])」に仕えていました。

「二王」の呼称の由来に、有名な逸話があります。清綱が信仰していた寺院で火事があり、仁王(二王)門が焼けて仁王像にも火が及ぼうとしたとき、繋がれていた鎖を断ち切って仁王像を運び出しました。仁王を救った清綱は、それ以降、「二王清綱」と名乗るようになったのです。

本太刀は、鎬(しのぎ)高く、しっかりとした重ねで、大和伝の伝統をよく示した作品。地鉄は、杢目(もくめ)肌に柾目(まさめ)が交じり、しかも肌立ちが見られません。柔味のある美しい地肌で、生気に満ちた名刀です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 末期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
清綱
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(周防国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70
反り 反り
(cm)
2.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 清綱」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 清綱の動画

太刀 銘 清綱

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 清綱」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る