一覧に戻る
  • 重要刀剣
  • 江戸時代 初期

かたな めい らくよういちじょうじゅうしなののかみくにひろ けいちょうじゅうごねんしがつよっか

刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日

刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日

土佐藩(現在の高知県高知市)を領していた山内家には、多数の古名刀がありましたが、この国広は、第3代藩主「山内忠豊」(やまうちただとよ)の愛刀の1振りと伝わっています。

忠豊は、1609年(慶長14年)、第2代藩主「忠義」(ただよし)の長男として生まれ、1656年(明暦2年)に家督を継いで藩主となりました。そして、忠義が重用した奉行職「野中兼山」(のなかけんざん)をそのまま引継ぎ、伊予宇和島藩(現在の愛媛県宇和島市)との国境争いに決着を付けるなどしたのです。
しかし、兼山の強硬な政策に領民からの不満が募ったため、叔父で伊予松山藩(現在の愛媛県松山市)藩主「松平定行」(まつだいらさだゆき)の同意を得て兼山を罷免。それから藩政改革が行なわれ、兼山の施政期に定められた諸制度が緩和されました。土佐藩史上、最も画期的だったと言えるこの政変は、「寛文改替」(かんぶんかいたい)と呼ばれ、これによってその後の藩経済が安定成長期に移行したのです。

国広は、日向国古屋(ひゅうがのくにふるや:現在の宮崎県東諸県郡綾町)の出身で、壮年の頃まで同国・飫肥藩(おびはん:現在の宮崎県日南市)の領主・伊東家(いとうけ)に仕えていました。しかし、1577年(天正5年)、薩摩藩(現在の鹿児島県鹿児島市)藩主の島津氏によって同家が没落すると、山伏となって父・国昌(くにまさ)より鍛刀の術を学びます。そして、日向国を出て、一時は「上杉謙信」(うえすぎけんしん)に仕えただけでなく、征韓の軍にも従い、釜山でも鍛刀していたと言われているのです。

1591年(天正19年)頃には京都にも住み、「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)の門人となりました。その後は自身の門人の養成にも尽力し、大教育家であった国広の門下からは、幾人もの新刀鍛冶の名工を輩出。国広は、まさに「新刀の祖」と評されるのにふさわしい名工だと言えます。

本刀の指裏に切られている年紀銘「慶長十五年四月四日」は、同作中他の物にも見られますが、四月四日がどのような意味を示しているかは不明です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要刀剣
時代 時代
江戸時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
信濃守国広
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
山内忠豊→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
69.7
反り 反り
(cm)
1.5
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 洛陽一条住信濃守国広 慶長十五年四月四日」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る