一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 初期

たち めい まさつね

太刀 銘 正恒(古青江)

太刀 銘 正恒(古青江)

太刀は、鎌倉幕府6代将軍「宗尊親王」(むねたかしんのう)が、異母弟の「後深草天皇」(ごふかくさてんのう)から征夷大将軍の宣下を受けたときに御下賜されたと伝えられる1振です。

鎌倉幕府は「源頼朝」の子孫が3代で途絶え北条氏が実権を握っていましたが、政治において権限を強める京都の公家に対抗するためには幕府に求心力を持った指導者が望まれ、初の皇族出身の征夷大将軍が生まれたのでした。宗尊親王は歌人としても優れ、「続古今和歌集」では最多入選を果たしています。

本太刀は、その後、足利将軍家、松平家、旧宮家へと伝来した名品です。
青江鍛冶は、平安時代末期の備中国(びっちゅうのくに:現在の岡山県西部)に興り、その中でも鎌倉時代中期に至るまでの物を、「古青江」(こあおえ)と称し、名人を多く輩出している一門です。

正恒は、同じ古青江の中でも「次」の字が付くことが多い「安次」系ではなく、「則高」を祖とする妹尾鍛冶の一派に属していました。正恒の最高傑作としては、鎌倉八幡宮に所蔵されている、国宝の「太刀 銘 正恒」が挙げられます。
平安の優美さが偲ばれる細身の優しい品格のある姿で、地鉄は小板目肌でよく詰み、まるで深い水底のような青々と深みある静寂な肌合い。刃文は焼幅の狭い直刃(すぐは)仕立てに、刃中の沸(にえ)がよくついて見事です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
正恒
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(備中国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
足利将軍家伝来→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
73.8
反り 反り
(cm)
1.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「太刀 銘 正恒(古青江)」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 正恒(古青江)の動画

太刀 銘 正恒(古青江)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「太刀 銘 正恒(古青江)」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る