一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代 後期

かたな めい せいしゅうくわなじゅうぎめいさいみしなひろふささく
けいおうさんねんにがつひ たどのいみびをもってこれをきたえる

刀 銘 勢州桑名住義明斎三品廣房作
慶應三年二月日 以多度斎火鍛之

刀 銘 勢州桑名住義明斎三品廣房作 慶應三年二月日 以多度斎火鍛之

「廣房」は、伊勢国桑名(いせのくに・くわな:現在の三重県桑名市)に住した刀工で、「陸奥守大道」(むつのかみだいどう/おおみち)一門の門人。9代・大道の弟であった「三品廣道」(みしなひろみち)の長男です。
桑名は、松平家が10万石で治めていた城下町。また、東海道において、京都・大坂方面から尾張(おわり:現在の愛知県西部)や江戸へ出る際に必ず通るルートであったため、最も重要な宿場町でもありました。そのような地に、もともと美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)の刀工であった大道一門が移住し、作刀を行なったのです。
大道一門は高い技術を持ちながらも、「桑名打」(くわなうち)と呼ばれる、古刀の偽作の数打物も多く制作していました。その作柄は、備前伝(びぜんでん)を中心として、相州伝(そうしゅうでん)や美濃伝(みのでん)と広範囲にわたっており、なかなかの良作もあったのです。
その中で廣房は、沸(にえ)、匂(におい)共に深い刃文を焼き、同門の中でも特に優れた腕前の持ち主であったと評されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代 後期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
廣房
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(伊勢国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.4
反り 反り
(cm)
1.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 勢州桑名住義明斎三品廣房作 慶應三年二月日 以多度斎火鍛之」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 勢州桑名住義明斎三品廣房作 慶應三年二月日 以多度斎火鍛之」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る