一覧に戻る
  • 保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい いちひぜんのくにでわのかみゆきひろ

刀 銘 一肥前国出羽守行廣(初代)

刀 銘 一肥前国出羽守行廣(初代)

本刀は、肥前国(ひぜんのくに:現在の佐賀県、及び長崎県の一部)・初代「行廣」作。行廣は、初代「忠吉」(ただよし)の孫にあたる初代「正広」(まさひろ:河内大掾正広[かわちだいじょうまさひろ])の弟で、肥前国佐賀藩(さがはん:現在の佐賀県佐賀市)のお抱え刀工です。
行廣は、1648年(正保5年/慶安元年)に「出羽大掾」(でわだいじょう)を受領したのち、1663年(寛文3年)、「出羽守」(でわのかみ)に転じました。
1650年(慶安3年)に長崎を訪れ、阿蘭陀(オランダ)鍛冶の「久次」(ひさつぐ)と砲術家の「薬師寺種永」(やくしじたねなが)に、「阿蘭陀鍛え」を学んだと伝えられています。そしてそれ以後の行廣の作刀には、「阿蘭陀鍛作」との銘を添えた刀が多く見られるのです。
また、本刀のように、銘に「一」の字が切られているのは、行廣が備前伝を学び、「肥前一文字」(ひぜんいちもんじ)を称したことが由来となっています。
本刀は、「肥前刀」(ひぜんとう)の特色である、地鉄の小板目(こいため)が美しく小糠肌(こぬかはだ)状によく詰まり、細かな地沸(じにえ)が付いた作風です。

その刃文は、互の目(ぐのめ)交じりで沸、匂(におい)共に深く、「正宗十哲」(まさむねじってつ)のひとりに数えられる名工「志津三郎兼氏」(しづさぶろうかねうじ)のそれを彷彿とさせる物。上品でバランスの取れたその姿からは、凛とした風合いさえも感じさせます。
また、本刀に施されている刀身彫刻は、「不動明王」(ふどうみょうおう)を意味するサンスクリット文字の「カーン」。この文字は「梵字」(ぼんじ)とも呼ばれ、古代インドの標準的な文章語として、仏教にも用いられていました。さらには、「剣巻龍」(けんまきりゅう)が刀身の3分の1の長さで美しく彫られており、そこには不動明王に託した古人の祈りが見て取れるのです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
行廣
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(肥前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
72.2
反り 反り
(cm)
2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 一肥前国出羽守行廣(初代)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 一肥前国出羽守行廣(初代)」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る