一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代 初期

かたな めい いずみのかみくにさだ(にだい いのうえしんかい)

刀 銘 和泉守国貞(二代・井上真改)

刀 銘 和泉守国貞(二代・井上真改)

本刀の作者は、「大坂新刀」において、名人「助広」(すけひろ)と人気を二分した刀工である2代・「国貞」(くにさだ)です。国貞は1630年(寛永7年)、大坂新刀の祖として名高い初代「和泉守国貞」(いずみのかみくにさだ)の次男として生まれ、初銘は初代と同じく「国貞」と切っていました。
2代国貞は、1650年(慶安3年)頃には、老齢となっていた父の代作をすでに多数務めており、1652年(承応元年)に「和泉守」を受領。そして1661年(万治4年)、朝廷より16葉の菊花紋を使用する勅許を受けています。

その後、「井上和泉守真改」と銘しましたが、1672年(寛文12年)8月より「井上真改」に改めたのです。真改の父も「国貞」の銘を用いたことから両者を区別するために、初代の作刀を「親国貞」、真改の刀を「真改国貞」と呼ぶことがあります。
真改初期の作柄は、初代のそれを受け継いだ沸(にえ)できで大互の目乱(おおぐのめみだれ)が特徴。しかし、1665年(寛文5年)以降は、相州伝(そうしゅうでん)古作を狙い、そのでき映えが同伝を確立した「正宗」(まさむね)のように優れていたことから、真改は「大坂正宗」と称されるようになりました。
具体的には、荒沸本位の広直刃に湾れ乱(のたれみだれ)が交じる刃文を得意とし、また、深く華やかな沸がその一面に付く傾向が見られるなど、「正宗十哲」(まさむねじってつ:正宗の10人の高弟)の中でも、最も高い技術を持っていたと評される「郷義弘」(ごうよしひろ)を理想として、その写しの制作にも取り組んでいます。

真改の作柄にこのような変遷が見られるのは、日本刀(刀剣)の需要が戦を生業としていた武人から、裕福な町人へと移行していったことに由来すると考えられているのです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
国貞(二代・井上真改)
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
77
反り 反り
(cm)
1.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 和泉守国貞(二代・井上真改)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 和泉守国貞(二代・井上真改)」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る