一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代 初期

かたな めい かわちのかみくにすけ

刀 銘 河内守国助

刀 銘 河内守国助

本刀の作者である2代「河内守国助」は初代の長男で、初代と3代のあいだに位置することから俗に「中河内」(なかかわち)と呼ばれています。1648年(慶安元年)に「河内守」を受領した名工。兄弟には、「肥後守国康」(ひごのかみくにやす)、「武蔵守国次(国光)」(むさしのかみくにつぐ[くにみつ])がいます。
作柄は、やや先身幅が細く、しっかりとした優しい姿で、自身が考案した「拳形丁子」(こぶしがたちょうじ)という乱刃(みだれば)を焼くのが特徴。「一文字」(いちもんじ)系統に見られる華美な刃文を得意としたことから「新刀一文字」とも称され、人気を博しました。
その子孫は、現在も大阪の石切釼箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)前で刃物屋を営業しており、現代刀匠の「河内國平」(かわちくにひら)も活躍しています。

詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 特別保存刀剣 時代 時代 江戸時代 初期
刀剣種別 刀剣種別 打刀 刀工 刀工 河内守国助
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
その他 (摂津国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 74.1 反り 反り(cm) 1.2
鑑定区分 鑑定区分 特別保存刀剣
時代 時代 江戸時代 初期
刀剣種別 刀剣種別 打刀
刀工 刀工 河内守国助
制作国 制作国 その他 (摂津国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.1
反り 反り
(cm)
1.2
歴史人の日本刀と博物館
歴史人と「刀 銘 河内守国助」の関係についてご紹介します。

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀一覧検索の詳細情報ページです。
「刀 銘 河内守国助」は江戸時代に制作された日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀・甲冑の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る