一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代 後期

かたな めい みなもとまさお ぶんきゅうさんねんはちがつひ

刀 銘 源正雄 文久三年八月日

刀 銘 源正雄 文久三年八月日

「源正雄」は「美濃国」(みののくに:現在の岐阜県南部)の生まれで、本名を「鈴木次郎」(すずきじろう)と称しました。江戸に移って下谷御徒町(したやおかちまち:現在の東京都台東区上野)に住し、新々刀期の刀工の中でも群を抜いた腕前であった「源清麿」(みなもとのきよまろ)に師事した良工です。
1857年(安政4年)、江戸幕府が箱館(はこだて:現在の北海道函館市)での「五稜郭」(ごりょうかく)の築城、同じく箱館・亀田郡尻岸内村(かめだぐんしりきしないむら)における製鉄所の建設を開始したことに伴い、松前藩(まつまえはん:現在の北海道松前郡)に招かれたため、箱館の地で鍛刀していました。
正雄の作風は、清麿一門の中で最も豪壮な物であり、反りは浅くて身幅は広く、鋒/切先が延びた強い姿です。また、相州伝風の荒沸(あらにえ)本位の乱刃(みだれば)を焼き、とりわけ大互の目乱(だいぐのめみだれ)で焼きの頭(かしら)が角張った、頭の低い焼刃(やきば)を得意としています。
また、正雄の作刀は、1853年(嘉永6年)から1866年(慶応2年)の12年間のみであったことから、本刀も貴重な1振であると言えるのです。

詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 特別保存刀剣 時代 時代 江戸時代 後期
刀剣種別 刀剣種別 打刀 刀工 刀工 源正雄
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
その他 (武蔵国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 70.3 反り 反り(cm) 1
鑑定区分 鑑定区分 特別保存刀剣
時代 時代 江戸時代 後期
刀剣種別 刀剣種別 打刀
刀工 刀工 源正雄
制作国 制作国 その他 (武蔵国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
70.3
反り 反り
(cm)
1
歴史人の日本刀と博物館
歴史人と「刀 銘 源正雄 文久三年八月日」の関係についてご紹介します。

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀一覧検索の詳細情報ページです。
「刀 銘 源正雄 文久三年八月日」は江戸時代に制作された日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀・甲冑の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る