一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい びしゅうじゅうふじわらかつしげ(かんぶんごろ)

刀 銘 尾州住藤原勝重(寛文頃)

刀 銘 尾州住藤原勝重(寛文頃)

「勝重」は、伊勢国(いせのくに:現在の三重県の大部分)における新刀期の「千子正重」(せんご/せんじまさしげ)一派で、寛文(1661~1673年)から延宝(1673~1681年)頃にかけて作刀した刀工。
勝重の銘には、「勢州桑名住藤原勝重」(せいしゅうくわなじゅうふじわらかつしげ)や、「尾州名古屋住藤原勝重」(びしゅうなごやじゅうふじわらかつしげ)などが切られています。このことから、伊勢国桑名(いせのくにくわな:現在の三重県桑名市)と尾張国名古屋(おわりのくになごや:現在の愛知県名古屋市)の両地に居住していたことが窺えるのです。
本刀は、鋒/切先、身幅が共に広く、反りはやや深い元禄(1688~1704年)時代の姿を示しています。刃文は直刃(すぐは)で匂口(においぐち)は締まっており、大和伝(やまとでん)の作風です。樋を掻き通した健全な仕上がりで上級武士の注文打ちと思われ、勝重の渾身の1振と言えます。
なお、勝重銘を用いた刀工は数名いますが、この名は「勝を重ねる」という縁起の良い意味を持つ物。作刀技術が優秀なだけではなく、名前の縁起の良さからも上級武士に好まれた刀工です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
勝重
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
68.6
反り 反り
(cm)
1.9
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 尾州住藤原勝重(寛文頃)」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 尾州住藤原勝重(寛文頃)」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る