一覧に戻る
  • 特別保存刀剣
  • 江戸時代

かたな めい ほうきのかみふじわらのぶたか

刀 銘 伯耆守藤原信高

刀 銘 伯耆守藤原信高

初代「伯耆守信高」は、もともと美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)にいましたが、慶長(1596~1615年)初期頃に尾張国(おわりのくに:現在の愛知県南部)に移住しています。
本刀の作者である3代・伯耆守信高は、1632年(寛永9年)に生まれ、初銘を「信照」(のぶてる)としていました。1665年(寛文5年)3月5日、34歳のときに伯耆守を受領し、3代・信高を襲名。同年5月、尾張藩2代藩主「徳川光友」(とくがわみつとも)により、扶持10人分で尾張徳川家のお抱え鍛冶に任じられたのです。
寛文(1661~1673年)から延宝(1673~1681年)にかけては、日本刀(刀剣)の需要が高く、特に武芸が盛んであった尾張藩では、強靭な作りの物が求められました。そんな中、信高は、同藩で剣術指南を行なっていた「柳生連也/厳包」(やぎゅうれんや/としかね)の佩刀(はいとう)を鍛えています。信高の日本刀(刀剣)は、質実剛健を第一としながらも豪壮な造込みで、初代・2代の「業物」(わざもの)に列せられた名声を、世に示すような出来映えでした。また、3代・信高は、父である2代「閑遊入道信高」(かんゆうにゅうどうのぶたか)との合作にも励み、これらの出来も高く評価されています。
本刀は、身幅が広くて鎬(しのぎ)が高く、鋒/切先が延び、豪壮でどこか怪しげな姿で、焼幅の広い大乱れとなっており、やや乱れごころがある帽子は、小丸で返りが深くなっています。迫力が感じられる作風は、「尾張三作」の名に恥じない、気力溢れる作品です。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別保存刀剣
時代 時代
江戸時代
刀剣種別 刀剣種別
打刀
刀工 刀工
藤原信高
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(尾張国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
71.7
反り 反り
(cm)
1.4
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「刀 銘 伯耆守藤原信高」の関係についてご紹介します。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「刀 銘 伯耆守藤原信高」は江戸時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る