• 特別重要刀剣
  • 南北朝時代

たんとう めい よしさだ

短刀 銘 吉貞

短刀 銘 吉貞

「短刀 銘 吉貞」は、徳川御三家のひとつ、水戸徳川家伝来の短刀です。水戸徳川家は、徳川家康(とくがわいえやす)の十一男・徳川頼房(とくがわよりふさ)を家祖とする大名家で、「大日本史」を編纂した常陸国水戸藩二代藩主・徳川光圀江戸幕府15代将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)の実父である水戸徳川家9代藩主・徳川斉昭(とくがわなりあき)は、当時でも全国的に有名でした。

作刀した吉貞(よしさだ)は、筑前国(現在の福岡県)で南北朝時代に繁栄した、左文字派(さもんじは)の刀工です。左文字派の祖は「大左」(おおさ)こと左安吉(ひだりやすよし)。左衛門三郎安吉と称し、正宗十哲(まさむねじってつ:正宗の高弟と呼ばれた10名の刀工)のひとりと伝わります。

この一派は、左衛門三郎の略とされる「左」の一字を切ることから、この名が付きました。一門からは、行弘、吉貞、吉弘、国弘、弘安等多くの名工を輩出し、そのなかで吉貞は大左の子と言われています。

本短刀は、板目(いため)に杢目(もくめ)交じりの鍛肌(きたえはだ)が総体にみ、地景(ちけい)入り、地沸(じにえ)が付いています。刃文(はもん)は、浅く湾れ(のたれ)、僅かに(あし)入り、(におい)深く、(にえ)よく付き、金筋(きんすじ)・砂流し(すながし)が掛かる、おだやかな出来が特徴です。

帽子(ぼうし)は小丸で、やや尖りごころに返っており、(なかご)は生ぶで、先栗尻(くりじり)、鑢目(やすりめ)は筋違(すじかい)。目釘孔(めくぎあな)は2つの内ひとつが埋められており、差表(さしおもて)の目釘孔下中央に、大振りの二字銘が切られています。地刃共に沸つよく健全で、匂口(においぐち)が明るくえ、映えある出来の短刀です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「短刀 銘 吉貞」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
南北朝時代
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
吉貞
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
-
(筑前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
水戸徳川家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
27
反り 反り
(cm)
0

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「短刀 銘 吉貞」は南北朝時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード