一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代

なぎなた むめい かたやまいちもんじ

薙刀 無銘 片山一文字

薙刀 無銘 片山一文字

この薙刀は、元々は「豊臣秀吉」から家臣の「山口修弘」(やまぐちながひろ)が賜った物。
1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で西軍に付いた修弘は、東軍「前田利長」(まえだとしなが)が率いる2万の兵に、この薙刀で立ち向かったと言われています。
しかし、健闘の末、修弘は追い詰められて自害。以降、この薙刀は加賀前田家へと渡り「前田利次」(まえだとしつぐ)が富山に分家した際に、富山藩(とやまはん:現在の富山県中央部)へと伝来しました。本薙刀を作った一派である片山一文字は、備前福岡一文字派の「則房」が片山に移住したことにより誕生。地鉄(じがね)が明るく冴え鉄味が強く、刃文の乱れが逆がかり、口が冴えている点が特徴です。

本薙刀は、地鉄が小板目肌杢目が交じり、刃文は焼き幅が広く丁子乱れに互の目(ぐのめ)が逆ががり、匂口も冴えて、片山一文字の特色がよく表れたできの良い逸品。また、茎(なかご)生ぶ無銘。付属の鉄(てつはばき)は制作当時のままの共鎺で、現存する物はとても稀で貴重です。

号として、薙刀術の必殺大技「大外刈」(おおそとがり)の名前が付けられている点にも注目。「大外刈」は、躊躇せず、思い切り良く刈るという秘伝の技であり、この薙刀の切味の良さが容易に想像できるのです。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代
刀剣種別 刀剣種別
薙刀
刀工 刀工
片山一文字派
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
備前伝
(備前国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
豊臣秀吉→
山口修弘→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
50.6
反り 反り
(cm)
3.6
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「薙刀 無銘 片山一文字」の関係についてご紹介します。

薙刀 無銘 片山一文字の動画

薙刀 無銘 片山一文字

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「薙刀 無銘 片山一文字」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る