• 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 末期

たんとう しゅめい ゆきみつ ほんあみ(かおう)

短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)

短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)

「短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)」は、「相州伝」(そうしゅうでん)の実質的な祖である「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)を師匠に持つ行光の1振。行光は鎌倉時代末期に相模国(さがみのくに:現在の神奈川県)で作刀した刀匠であり、正宗の兄弟子にあたる名工です。「藤三郎行光」(とうざぶろうゆきみつ)の通称でも知られています。

短刀(なかご)には、表に行光、裏に本阿弥家第13代当主「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)の朱銘(しゅめい)があります。現存する行光の刀のうち太刀はすべて無銘で、在銘作は短刀に限られておりほとんどが内反り風の小振りな姿となっているのは時代の特色です。

寸法は長さ28.1cm、反り0.2cm。平造り三つ棟地沸(じにえ)は厚く、地景(ちけい)が働いており、帽子は浅く流れて先が丸く返ります。彫物(ほりもの)は表に素剣、裏は腰樋(こしび)と掻流し(かきながし)の添樋です。刃文(はもん)は小湾れ(のたれ)に互の目(ぐのめ)交じり。(におい)は深く、(にえ)がよく付き、砂流し(すながし)や金筋(きんすじ)がかかるのは行光の特徴をよく表わしていると言えるでしょう。

作風からして師の国光ら相州刀工の作であることは相違なく、健全で優れた名品です。昭和50年10月29日に特別重要刀剣に指定されました。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 末期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
行光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国/神奈川県)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
28
反り 反り
(cm)
0.2

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「短刀 朱銘 行光 本阿弥(花押)」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード