一覧に戻る
  • 特別重要刀剣
  • 鎌倉時代 初期

たんとう めい くにみつ(しんとうご)

短刀 銘 国光(新藤五)

短刀 銘 国光(新藤五)

鎌倉鍛冶の祖とされる「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)は、言わずと知れた名工「正宗」や、「行光」(ゆきみつ)の師匠であったことから、相州伝の開祖でもあったと考えられています。

父(祖父の説もあり)「国綱」(くにつな)から粟田口伝(あわたぐちでん)、師匠の「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)からは備前伝の作風を受け継ぎながらも、そこで留まることなく、新しい時代にふさわしい鍛刀法を研究し続けていた名匠であったのです。
短刀の名手と称賛された国光の作風は、沸本位の細直刃で、地沸(じにえ)がよく付き、地景が一面に現れる鍛えとなっていますが、本短刀においてもその特色がよく示されています。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
特別重要刀剣
時代 時代
鎌倉時代 初期
刀剣種別 刀剣種別
短刀
刀工 刀工
新藤五国光
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
相州伝
(相模国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
23.3
反り 反り
(cm)
0.2
  • 名家・著名人の日本刀
    名家・著名人と「短刀 銘 国光(新藤五)」の関係についてご紹介します。

短刀 銘 国光(新藤五)の動画

短刀 銘 国光(新藤五)

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀(刀剣)写真の詳細情報ページです。
「短刀 銘 国光(新藤五)」は鎌倉時代に制作された日本刀(刀剣)です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀(刀剣)。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀(刀剣)の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る