一覧に戻る
  • 重要文化財
  • 鎌倉時代 中期

たち めい くにゆき

太刀 銘 国行

太刀 銘 国行

「来国行」は、鎌倉時代中期頃から山城国で栄えた「来一派」の事実上の開祖とされる名工。その作風は、大きく分けて2種類あり、細身で優美さを感じさせる古雅な物と、幅広で中反り、または腰反りが高い豪壮な姿で、猪首鋒となった鎌倉時代中期の典型的な物が見られます。その中でも本太刀は、やや細身で踏ん張りがあり、足や葉がよく入り、匂が深く小沸(こにえ)が付き、金筋がかかる刃文は小乱れとなっているため、前者の作風です。茎(なかご)は生ぶで先は栗尻、鑢目切、目釘孔はひとつとなっています。

詳細情報

鑑定区分 鑑定区分 重要文化財 時代 時代 鎌倉時代 中期
刀剣種別 刀剣種別 太刀 刀工 刀工 国行
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝 (山城国) 代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ(cm) 74.5 反り 反り(cm) 3
鑑定区分 鑑定区分 重要文化財
時代 時代 鎌倉時代 中期
刀剣種別 刀剣種別 太刀
刀工 刀工 国行
制作国 制作国 山城伝 (山城国)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.5
反り 反り
(cm)
3
歴史人の日本刀と博物館
歴史人と「太刀 銘 国行」の関係についてご紹介します。

太刀 銘 国行の動画

太刀 銘 国行

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは日本刀検索の詳細情報ページです。
「太刀 銘 国行」は鎌倉時代に制作された日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に日本刀・甲冑の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る