• 重要文化財
  • 鎌倉時代 中期

たち めい くにゆき

太刀 銘 国行

太刀 銘 国行

太刀の作者である「来国行」(らいくにゆき)は、鎌倉時代中期頃から山城国(やましろのくに:現在の京都府)で栄えた「来派」の名工です。来派の始祖は「国吉」とされますが、作品が現存しないため確証がなく、国吉の子の国行が実質的な開祖とみなされています。国宝に指定されている太刀「明石国行」(あかしくにゆき)をはじめ、著名な戦国武将が所持した作品も多く、国行の手による名刀は枚挙に暇がありません。

国行は、身幅(みはば)が広く、中反り(なかぞり)の堂々とした姿の作品と、身幅が細めで優美な作品という二様の作風で知られています。本太刀の姿は、細身で腰反り(こしぞり)が高く小鋒/小切先(こきっさき:小型の鋒/切先)であり、国行の作品としては古雅な佇まいです。

刃文小乱(こみだれ)、(あし)・(よう)よく入り、小沸(こにえ)の付いた深く、金筋(きんすじ)がかかっています。(なかご)は生ぶで、茎尻(なかごじり)はやや丸みを帯びた栗尻(くりじり)。全体に姿が優しく、鍛えもきめ細かく美しい、優れた出来栄えの貴重な1振です。

名家・著名人の日本刀 名家・著名人の日本刀
名家・著名人と「太刀 銘 国行」の関係についてご紹介します。

刀剣詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化財
時代 時代
鎌倉時代 中期
(古刀)
刀剣種別 刀剣種別
太刀
刀工 刀工
国行
五箇伝(制作国) 五箇伝
(制作国)
山城伝
(山城国/京都府)
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
長さ 長さ
(cm)
74.5
反り 反り
(cm)
3

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは刀剣写真・日本刀画像の詳細情報ページです。
「太刀 銘 国行」は鎌倉時代に制作された刀剣・日本刀です。武器としてだけではなく、美術品としても人気の高い刀剣・日本刀。表示された詳細情報を通じて詳しくなったあとは、実際に観てみるのも良いかもしれません。
刀剣・日本刀の総合情報サイト「刀剣ワールド」では、より多くの方に刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)の素晴らしさを広めるため、様々な情報を発信していきます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード