武将浮世絵

うたがわとよのぶ さく「たいこうきしんせんすごろく」 歌川豊宣 作「太閤記新撰寿語禄」

太閤記新撰寿語禄

本武将浮世絵(武者絵)は、1884年(明治17年)に描かれた、「豊臣秀吉」を主役にした「太閤記」という続き物の浮世絵を双六(すごろく)化した絵図です。

双六は、サイコロを振って出た目に合わせて先へ進む遊戯。画面の中央下部に始点となる「ふり出し」があり、終点の「上がり」は画面中央上部で、豊臣秀吉が美女や小姓に囲まれながら花見をする様子が描かれています。

ふり出しにある「1」から「6」までの数字にはそれぞれ「山中鹿之助」、「五色筵旗」(ごしきむしろばた)、「高松水攻」(たかまつみずぜめ)、「熱田の宮」、「免受勝助」(めんじゅしょうすけ)、「堀尾茂助」(ほりおもすけ)と書かれてあり、サイコロで出た数字の通りにそれぞれの絵に移動して、「上がり」の数字が出たら終了です。

本武将浮世絵(武者絵)の作者は、明治時代の浮世絵師「歌川豊宣」(うたがわとよのぶ)。歌川豊宣は、浮世絵師一派「歌川派」の2代「歌川国久」の長男で、役者絵や武者絵を多く制作しました。

太閤記新撰寿語禄

「太閤記新撰寿語禄」の浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川豊宣 浮世絵の題材 豊臣秀吉

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「太閤記新撰寿語禄」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード