武将浮世絵

とよとみひでよしとぶしょうせいぞろいのず 豊臣秀吉と武将勢揃いの図

豊臣秀吉と武将勢揃いの図

本武将浮世絵(武者絵)は、「豊臣秀吉」と豊臣家の家臣が描かれた絵師不詳の絵図です。

画面上部の中央にいるのが豊臣秀吉で、石田三成、豊臣秀長、片桐且元、黒田孝高、堀尾吉晴、伊東長実、山内一豊、筒井順慶、木村重綱、大谷吉継、堀秀政、木下延重、加藤嘉明、石川一光、生駒親正(いこまちかまさ)、福島正則加藤清正、高山長房、赤松政則、明石則実(あかしのりざね)または明石元知(あかしもととも)、浅野長政、平野長泰、中村一氏が描かれています。

豊臣秀吉は、農民(百姓)の出身でありながらも天下人となった、日本一の出世人です。そして、豊臣秀吉を支えた家臣もまた優秀な武将ばかりでした。

本武将浮世絵(武者絵)は、「賤ヶ岳の七本槍」(しずがたけのしちほんやり)に名を列ねる猛将の他、豊臣政権で実務を担った「五大老」や「三老中」、「五奉行」など、豊臣秀吉子飼いの重臣が勢揃いしています。

豊臣秀吉と武将勢揃いの図

「豊臣秀吉と武将勢揃いの図」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 絵師不詳 浮世絵の題材 豊臣秀吉

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「豊臣秀吉と武将勢揃いの図」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード