武将浮世絵

うたがわよしふさ さく「みたてじっかん かわなかのつち やまもとどうき」 歌川芳房 作「見立十支 川中の土 山本道鬼」

見立十支 川中の土 山本道鬼

本武将浮世絵(武者絵)の右側、長を持ち、両足を開いて踏ん張るように立っているのは、戦国武将の「山本勘助」(やまもとかんすけ)。

本武将浮世絵(武者絵)のタイトルにある「道鬼」(どうき)は、山本勘助が出家したあとに称していた号です。兵法に優れていた武士であった山本勘助は、「武田信玄」の軍師として活躍していました。

また、タイトルの「川中」(かわなか)は、武田信玄と「上杉謙信」(うえすぎけんしん)のあいだで勃発した「川中島の戦い」を意味すると推測が可能。同合戦は、1553年(天文22年)より5回に亘って繰り広げられています。

本武将浮世絵(武者絵)では、山本勘助の体中にいくつも矢が刺さり、血みどろになって苦痛にゆがむ表情を浮かべていることから、川中島の戦いの中でも、武田信玄と上杉謙信が直接対決を果たした最大の激戦であり、山本勘助が討死を遂げたと伝わる、1561年(永禄4年)の第4次の戦いを描写していることが窺えるのです。

本武将浮世絵(武者絵)を描いたのは、江戸時代末期に活動した「歌川芳房(一宝斎)」(うたがわよしふさ[いっぽうさい])。歌川芳房は、人気浮世絵師「歌川国芳」(うたがわくによし)の門下に入り、人情本(庶民の色恋沙汰などを主題としたジャンルの本)の挿絵を手掛けるなどしていましたが、24歳の若さでこの世を去っています。そのため、現代まで伝わる作品の数は少なく、本武将浮世絵(武者絵)は、そう言った意味でも貴重な1枚です。

見立十支 川中の土 山本道鬼

「見立十支 川中の土 山本道鬼」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 歌川芳房 浮世絵の題材 山本勘助

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「見立十支 川中の土 山本道鬼」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード