武将浮世絵

つきおかよしとし さく「びだんむしゃはっけい こうとくじのばんしょう」 月岡芳年 作「美談武者八景 廣徳寺の晩鐘」

美談武者八景 廣徳寺の晩鐘

「羽柴秀吉」(豊臣秀吉)は、「本能寺の変」により「織田信長」が「明智光秀」に討たれたことを知ると、のちに「中国大返し」と呼ばれる強行軍で兵を京へ向けて返しました。 本武将浮世絵(武者絵)は、その途中で起こった逸話について描いています。

駿馬(しゅんめ:足の速い優れた馬)に乗った羽柴秀吉は、自軍を引き離しすぎて単騎となり、武庫川(現在の兵庫県南東部を流れる河川)付近で明智光秀の家臣「四王天但馬守」(しおうてん/しほうてんたじまのかみ)の待ち伏せに遭ってしまいました。

これをかろうじて凌ぎ、近くの寺へ逃げ込んだ羽柴秀吉は、まず浴室の剃刀(かみそり)で髪を剃り、脱衣場に置かれた衣を身に付け僧侶のふりをします。

そして、台所で食事の支度をしていた僧侶達にまぎれ込んだとき、四王天但馬守がやってきますが、僧侶に化けた羽柴秀吉は見つかりませんでした。やがて駆け付けた「加藤清正」が四王天但馬守を討ち取り、羽柴秀吉は危機を脱したのです。

月岡芳年」(つきおかよしとし)が、1868年(明治元年)に制作した本武将浮世絵(武者絵)には、若干のスレや小破れがありますが、おおむね制作当時の状態が保たれ、その美しい色合いを後世に伝えています。

「美談武者八景 廣徳寺の晩鐘」の
浮世絵

※写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。
画面を縦長で利用し、写真をクリックするとより大きな写真がご覧頂けます。
なお、画面の向きをロックしている場合は解除が必要です。

詳細情報

浮世絵師 月岡芳年 浮世絵の題材 豊臣秀吉

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「武者絵(合戦浮世絵/侍・武将浮世絵)」の「美談武者八景 廣徳寺の晩鐘」ページです。
歴史に名を残す合戦や大名を描いた作品を、数々の浮世絵を手がけた浮世絵師と、描かれた合戦・武将名を合わせて紹介しています。激しい合戦の様子などを力強く描いた「武者絵」の魅力を、解説と共にご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード